タグ 「商業バイオテクノロジー誌」でタグ付け投稿

商業バイオテクノロジー誌

の2009年4月発行の商業バイオテクノロジー誌が利用可能になりました。 教育のこの特別な問題は、ゲスト·編集されたアーレンマイヤーズ

以下のリンクは、それぞれの紙の抽象に行くことができます:

15巻、2号

社説 PDF
アーレンマイヤーズ

物品

オンライン教室に仮想インターンシップの統合 PDF
リチャード·コンロイ、ラナ·カーン
ジョンズ·ホプキンス大学のMS.MBAのバイオテクノロジープログラムの変化をリードするproseminarコースの実施 PDF
リン·ジョンソンランガー
bioentrepreneursの作成 ​​:大学院の学生組織は、科学の起業家精神を育成する方法 PDF
ジャスティン·T·ブラウン、アンドリュー·Cカント
大学bioentrepreneurship教育プログラムを開発するためのベストプラクティス PDF
トーマスCrispeels、オリバーUecke、マルクGoldchstein、マイケルSchefczyk
バイオサイエンスプログラムのケック大学院大学の専門のマスターで、チームベースの学習 PDF
ジェーン·G Tirrell、トーマス·グレゴリーデューイ
科学の選択肢を作成します PDF
ニコールG Gravagna
ヒューストン大学のモデル:未来のバイオテクノロジーの労働力の構築 PDF
ルパSアイヤル、ウィリアム·Eフィッツギボン
Bioentrepreneurship MBA:中間層のビジネススクールのオプション PDF
スーザン·マローン戻ります

参加ジャーナル商業のバイオテクノロジーの LinkedInの上のディスカッショングループを:

http://www.linkedin.com/groups?gid=1241807

このグループは、バイオテクノロジー産業に焦点を当てています。 観客と焦点は、商業バイオテクノロジー誌と同様ですので、向上させ、製品開発を進めるか、現在の問題や、業界で最新のを維持したい、バイオ事業戦略や経営の知識を強化する必要があるプロフェッショナルトレンド。

トピックは次のとおりです。

  • 企業戦略
  • 資金調達
  • 生命倫理
  • 公共および投資家の皆様へ
  • 市場分析
  • 法的および規制上の問題

あなたがそれをしている間に、 自分のネットワークに参加しすぎ。

2008年7月発行の商業バイオテクノロジー誌が利用可能になりました。 以下のリンクは、それぞれの紙の抽象に行くことができます:

14巻、第4号

社説

バイオテクノロジーの継続教育 PDF
ヤリ·フリードマン

物品

コンプライアンスヘルプマーケティングおよび事業開発はできますか? PDF
ジョンAvellanet
何のためのお金? 公共金融業者の観点から、バイオ医薬品企業でのリスク PDF
ローラ·ヘイノネン、ビルギッタサンドバーグ
値を得ましたか。 それを決定します。 それを実証します。 それを伝えます。 それを実感 PDF
ミッチDeKoven、エリザベスHハザード、エリカ·ゴールドバーグ、Shibani Pokras
製薬業界における価値主導のプロジェクトとポートフォリオ管理:薬剤開発に対する創薬-共通点とポートフォリオ管理の実践の違い PDF
カースティンMボーデGreuel、クラウス·J Nickisch

教室から

オープンコンテンツ教科書:発展途上国でbioentrepreneursの次の世代を教育 PDF
アーレンDマイヤーズ、ドナルド·J McCubbrey、リチャード·T·ワトソン

法的および規制に関する情報

法律および規制の更新 PDF
ジェリーKamstra、ジョン·ウィルキンソン

書評

書評:バイオテクノロジーの規制挑戦 PDF
ジョンAvellanet
書評:知的財産とバイオテクノロジー:生物の発明 PDF
ステファン·M·ミラー
書評:成功したバイオメディカルテクノロジーの実用化 PDF
アーレンDマイヤーズ
書評:生命科学者のための企業:バイオサイエンスにイノベーションと起業家精神の開発 PDF
アーレンDマイヤーズ
バイオテクノロジービジネス開発のベストプラクティス PDF
ハンス·エリック·ハミドライデッカー
遺伝ガラス天井:作物の生物多様性のためのトランスジェニック PDF
ドリューL Kershen
バイオテクノロジーと法 PDF
エドワード·L Korwek
バイオネーションへようこそ PDF
ジェームズ·ロジャーズ

2008年3月発行の商業バイオテクノロジー誌が利用可能になりました。 この問題は、バイオテクノロジーのマーケティングに焦点を当て、レイランド·ピットとイアン·マッカーシーによってゲスト編集しました。 以下のリンクは、各記事の要約が表示されます:

14巻、3号

社説

製品イノベーションマネジメントとマーケティングの接続 PDF
レイランド·ピット、イアン·マッカーシー

物品

新しい医薬品の開発:克服への障壁と悪用する機会 PDF
ニックS Terblanche
環境乱流への機械的なホログラフィック応答を用いた機能の統合:バイオテクノロジーとマーケティングインターフェース PDF
ピエール·ベルトン、レイランドピット、デオンネル、Esmailサーレヒー-Sangari、アンエングストロム
バイオテクノロジーのマーケティングの課題を先取りし、管理します PDF
ハイジRajamäki
バンクーバーのバイオクラスターのためのR&D指標の比較 PDF
モニカサラザール、マーティンJ Bliemel、Jアダムホルブルック
バイオテクノロジー企業がネットワークに正しいことを言っているかどうかを評価するためにブランドの個性を使用して PDF
リサPapania、コリン·キャンベル、ロバートAnkomah Opoku、マリアStyven、ジャン=ポール·ベルトン
バイオテクノロジーと市場:エピメテウスを覚えます PDF
ピエール·ベルトン、イーキンPehlivan、フィリップDesAutels
バンクーバーの専用バイオテクノロジーおよびサービス会社のネットワーク PDF
マーティンJ Bliemel、イアン·P·マッカーシー

2008年3月発行の商業バイオテクノロジー誌が利用可能になりました。 以下のリンクは、各記事の要約が表示されます:

14巻、2号

社説

社説 PDF
ヤリ·フリードマン

物品

生命科学の輸出コンプライアンス PDF
ジョンAvellanet
大学医学部での技術商業化を改善するための新しいアプローチ PDF
コー​​トニー価格、リチャード·ヒューストン、アーレンDマイヤーズ
バイオテクノロジーのビジネスモデルが機能:医薬品市場からの証拠を PDF
Jレスリー·グリック
バイオテクノロジー企業を評価:技術タイプのヘルプによって分類していますか? PDF
ジャクリーン楼、ロバート·ブルックス
バイオテクノロジー産業のリスク管理:カナダの視点 PDF
サンドラVanderbyl、シェリーKobelak
シンガポールの生物医科学の風景 PDF
ホロホロチョウチュアンヨー
バイオテクノロジー企業における遺伝子、ゲノムおよびバイオテクノロジーの使用のための社会的責任:生命倫理の観点から解説 PDF
義弘岡田和夫N渡辺

法的および規制に関する情報

法律および規制の更新 PDF
ジェリーKamstra、ジョン·ウィルキンソン

会議レポート

メリーランド州とバージニア州は、2007中部大西洋バイオ会議で団結します PDF
ハーレーキング

書評

書評:細胞戦争幹:最前線からの物語の内部 PDF
グラントH Skrepnek

仕事のヶ月後、1月号商業バイオテクノロジー誌 、編集者の管理などの私の最初は、ただ公開されています。 以下のリンクは、それぞれの記事が表示されます:

14巻、1号

社説

社説 PDF
ヤリ·フリードマン

物品

能力は、バイオテクノロジーの才能を選択するには:より良いインタビュアーであることは'あなたは'はしごを登って移動します PDF
デビッド·G·イェンセン
どのように国連の反バイオテクノロジー政策、地球温暖化を悪化させます PDF
ヘンリーI·ミラー
生命科学系の起業家精神と産業クラスターの助けとなる環境を構築 PDF
マーク·Jアン、マイケル·ミークス
上海のバイオテクノロジー企業の戦略類型:業界のクローニング PDF
ケン·マローン、ブレントヘイルズ、ジャスティン·チャン、モニカ愛、エレミヤレイナー
インドのバイオテクノロジー:官民パートナーシップ PDF
ヴィレンKonde
バイオジェネリック2007:私たちはどこまで来ていますか? PDF
ジョン·タッカー、セスYakatan、スタンYakatan
モノクローナル抗体治療薬:一流企業が売上高と市場シェアを最大化するために PDF
カールZiegelbauer、デビッド·R·ライト
日本での臨床開発をGlobalising PDF
ヨロズ田畑、クリス·アルバーニ

教室から

米国でBioentrepreneurship教育プログラム PDF
アーレンDマイヤーズ、パトリック·ハーレー

法的および規制に関する情報

法律および規制の更新 PDF
ジョン·ウィルキンソン